Timotei (ティモテ)

貧乏、政治ちと関心、池田清彦氏尊敬、Phaさん好き、知的障害

速読よりもゆっくり読んだ方がいいその1




今日は 満月 ️のせいか‼️思い出し怒りが今この瞬間ひどいTmotei(ティモテ)です。








昔は記憶術や速読に憧れまして、
それらの本が書店にたくさん並んでたように思います。




今でもあるのかもしれませんが。

ですが今は全然記憶術にも、速読にも興味はございません。




まず速読に関してですが、 本を読みながら目で文字をものすごい速さで️読むのですが、目が疲れて仕方がありません。




目で文字を追っているというだけであって、 内容を理解したり、🧙‍♀️
想像したりということが全くと言っていいほどできないのです。



そして記憶術もです。
🛵 私は だいぶ以前にスクーターを持っていました。



本で記憶術の勉強をして試しに自分の🛵スクーターの車番を、
記憶術で暗記しました。
1576という番号でしたので、イチゴなロメー
とこじつけて覚えました。

これは比較的に簡単に出来たのですが‼️⛑️ ですが普通に、文章を読んでいる時に、記憶術を使おうと思っても全く、役に立ちません。



からしばらくすると️私は全くと言っていいほど記憶術そのものにも速読にも興味を示さなくなりました。


それからというもの私は、 声に出して覚えることも試みました。



同じ文章を何度も️何度も️声に🧟出すと確かに覚えます。



でもこの方法も大変疲れます。
脳の重さというのは体重の2%。

でもエネルギーを使うのは全体の20%近くということです。

最近は疲労🥵を感じるせいか以前のように️音読はしなくなりました。



今は 文章読んでいる時に、意味のわからない単語を、すかさず調べるようにしています。


この方法は受験生のように大量の参考書を暗記しなきゃいけない人にとっては大変非効率だとは思います。



しかしそれでなくても私のように記憶力の悪いものにとっては、 意味のわからない🤷言葉をそのままにして⛹️どんどんどんどん呼んでもすぐに忘れてしまうのです。


それと疑問を持つことです。 

 

 

 

続く

 

 

貧乏な知的障碍者 (starfree.jp)